スポンサーリンク
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
↑すぐヤレる子が多いです(管理人談)まずは無料登録を。結構女の子からメール来ます。
ヤリたい時のセックス相手に困らないので、重宝してます。

↓今「紳士淑女の夜の社交場」が最高に熱い!国内素人投稿サイトの最高峰。私も最新作は真っ先にこのサイトの素人投稿アルバム、画像掲示板に投稿してます。当サイトには未掲載のマル秘画像も無料閲覧可能。要チェックです!↓

画像21枚【動画】悪戯マンション099

今すぐセフレが欲しい方のための記事は↓コチラ

↓女性攻略の特集記事はコチラ

「妄想物語 管理人に睡眠姦された妻」

彼女との結婚を機に、小さな町のアパートに引っ越した。

子供の予定はまだなく、ほぼワンルームだが十分だ。

残業や出張も多く、あまり帰れないのだが、ある日妻がこんなことを言う。

「最近、空き巣に入られたかも知れない。」

聞けば、何か部屋の感じが変わった気がするという。

盗られたものもなく、恐らく寂しさからくる心配性だろう。

また、そこの一回には管理人が住んでいるのだが、独身の中年男性で、その人がいつも声をかけてくるのも気持ち悪いという。

突然訪問してくることもあるそうだ。

挨拶は大事だよ。訪問も、アフターフォロー、用事があってのことだろう?

「そうだけど・・・」

多少いやらしい目で見られるのも無理はない。

何しろ妻は、同棲中から、自宅ではいつもノーブラでシャツ一枚ということも多く、こぶりなおっぱいとはいえ乳首がポツンと浮き出るさまはいつも注目の的だった。

朝のゴミ出しや近所のコンビ程度だと、いちいちブラを着けることもなく、ロングTシャツならそのままワンピース代わりに出かけることもよくあった。

「今日も何かフローリングがどうとかであの管理人さん見に来たんだけど・・」

「一日中その恰好していたのか?」

「そうだけど?」

ソファに座って彼女を見上げると、股間ギリギリの丈のTシャツ一枚の姿、乳首が浮き出ているのはもちろん、陰毛やワレメも少し見えている。

「パンツは???」

「ちょうど全部洗っちゃって・・・」

室内にはセクシーランジェリーが干しっぱなしだ。

こんな部屋に管理人をあげたのか・・・

「で、どうしたって?」

「ここをこういうふうに見てって言われて・・・」

フローリングの隅を四つん這いで見る妻。

当然Tシャツはめくりあがって肛門もワレメも、開きかけた小陰唇も膣口すらも真後ろからなら見えるだろう。

「よく見たんだけど、何の不具合かよく分かんなかった」

「また来るって。」

「ふーん・・・」

実は管理人とは旧知の仲、当然寝取られ性癖も知っており、いよいよ計画を実行に移す日が来たのだ・・(ここまでサイト管理人の妄想)